意見を上手く伝えられない、まとめられない

意見を言いたいけれど、うまくまとめられない。相手に伝わる言い方が出来ない。
という方もたくさん当教室に通われています。

うまくまとめられないと言っても、伝えたいことがたくさん出てきてまとめられない
言葉にするのが難しい伝える要素があまり思い浮かばない、など様々な状態がありますし
その方のクセ、特長によっても変わってきます。
その中で1つの例とおこなった練習方法をご紹介いたします。

文章で書くとまとまるけれど、上手く話をして伝えられない

文章にして考えるとすらすら出てくるのに、言葉にしようとすると上手く出来ない。
という方も多くいらっしゃいました。

綺麗に文章として仕上げてしまうと、それを1字1句間違えずに読み上げることに
集中してしまい相手に伝わる話し方にならない場合があります。

ですので、練習の際には伝えるテーマで文章をまとめていただき、その中でキーとなる
文章を追うだけで話が出来るようになる練習、それが出来てきたらキーワードを
いくつか書き出し、それを追うだけで話が出来るようになる練習をしていきます。

正しい、しっかりとした言葉で話したいというとき、それを文章にして
推敲して文章として水準を高める練習は有効ではあるのですが

さらにそれを話せる状態にするためには話し言葉としてそれが自然に口から出てくるように
実際に口に出し、さらにそれがちょっとした要素を思い浮かべるだけで
勝手に話が出てくるんだな、という経験を通じて自信を持っていくのが重要です。

実際に声に出して読んでいかないと身につくという状態にはならないのです。

堀口メソッドスクールではそういった練習のなかで、キーワードをみつけにくい、や
1番に伝えたい部分の見つけ方など、その方の特徴にあわせたレッスンを行っています。
声に出した時も様々なクセがありますのでそれらを見て行き総合的な話す力を
手に入れていただけるレッスンを行っております。

なかなか自分の話すときのクセ、考える時のクセというのは自分では見つけにくいので
それらをよりよく発揮できるよう、お手伝いをさせていただいております。

東京・小金井・吉祥寺・新宿の話し方教室 堀口メソッドボイススクール