話をしていると焦って頭が真っ白になってしまう方に

話をしていると焦って何を話しているか分からなくなってしまうということで
受講されたTさんのお話をします。

まず声から変えていく

話をしていて、焦ってしまう、まとまりがなくなってしまうということには様々な原因があります。

焦りやすい性格的なことが原因だから、もう変えられずずっとこのままなんだと考えてしまう方が多いのですが、性格を変えよう、ではなく話し方、声の出し方をかえていくことは練習で簡単にできますし、その結果、落ち着いて伝わりやすい話し方に変わって行くと結果的に発揮できる性格というのも自分が望む形へ近づけていけるのです。

お腹から声を出せるようにトレーニングする

そのための練習の1つとして当スクールではお腹から声を出すトレーニングを行なっています。

お腹から声を出す、と言ってもなかなか方法をイメージ出来ない方も多いですし、単に声を大きく出すための練習と思っている方がほとんどだと思います。

しかし、正しいトレーニングを行なっていくと落ち着いて見える声の出し方
焦らずに話せて相手に伝わりやすい呼吸、間の取り方が身についていきます。

そうすると、まず自分がそういった声の出し方、話し方をすると、相手に伝わりやすいんだな、休みも取れるので次に言う事も考えやすいんだなという実感が得られていきます。

焦らない強い精神を身につけましょうと言うのは大変ですが、腹式呼吸でしっかりと息を使った声の出し方というのは練習すればすぐに出来るようになっていきます。資質や人間性というものではなく練習で身につけ変えていけるのものなのです。

当スクールでは練習した後、実際に話をしてみて確認していただくレッスンを行なっていきます。そうすることで、ああ、自分はこういう風に落ち着いて聞こえる話し方が出来るんだ、こういうペースで話すと話もまとまりやすいんだということを実感として得られますので、実際の場面、日常でも使う力として身についていきます。

そういったことを感じられる無料体験レッスンも行なっておりますので電話や申し込みフォームからどうぞご応募ください。

東京・小金井・吉祥寺・新宿の話し方教室 堀口メソッドボイススクール