急に人前で話すことになったとき

急に人前で話すことなってしまったが、昔からそういった場面が苦手で…
というとき、どういった練習、トレーニングが効果的かをお話させていただきたいと思います。

強い気持ちより落ち着いた体の状態

そういった場面で一番多い悩みが緊張してしまって上手く話せなくなってしまうということです。

緊張する場面で緊張しなくなるというのは、場数とそれを成功させた自信で出来ていくものなので、それをトレーニングで養うことはとても難しいです。
しかし、成功させるための実力というのはトレーニングでいくらでもつけていけるのです。
よく、場数が必要ということで準備せず人前で話す回数だけ増やすことを考える方が居るのですが、そうすると失敗してしまった体験が積み重なってしまって悪循環になられる方が多いです。

必要なトレーニングは落ち着いて聞こえる話し方を作っていくトレーニングです。
形だけ、というと聞こえは悪いですが、落ち着いて聞こえる話し方には、間が取れて、しっかりと通る声で話すことが必要です。

この形を作っていくと、体の状態としては落ち着いてリラックス出来ていますし、どんなに気持ちで緊張していても周りからは落ち着いてしっかり話していたと感じるので失敗したとは思われません。
また、その落ち着いた声は自分が一番近くで聞いているので落ち着きやすくもなるのです。
まずその状態を作れると、伝えたいこと話さなければいけない事というのも見えやすくなるので、本来伝えたかった意図も正しい形で伝えやすくなります。

こういった形を作るトレーニング、さらに話す内容に関しても実例を使ってより良い話し方にしていくレッスンを堀口メソッドボイススクールでは行なっております。

声の変化を実感できる体験レッスンを無料で行なっておりますのでどうぞ電話や問い合わせフォームからご予約ください。

※現在は感染対策のためZOOMによるオンライン、感染対策の施された小金井教室での対面レッスンのみで行なっております。