就活面接対策

shukatsu001

  • 面接に適したきちんとした話し方が身につく
  • 一緒に仕事がしたいと言ってもらえる
  • しっかりとした人間と評価されるようになる
  • 面接で本来の力をハッキできるように
  • 自分の見せ方がわかる
  • 緊張しても声が震えなくなる
  • 大きな元気な印象の声が出せる。
  • 面接だけじゃなくその後も役に立つ力がつく

就活面接対策3つのポイント

時代と共に変化する就活面接対策

就活面接対策のサポートをして十数年。時代と共に、就活面接対策は変化をしてきています。 例えばプレゼンテーションを行う企業が増えてきたこと。グループワークを行い、他の人達とどのようなコミュニケーションを行うかを観る傾向が出てきたこと。就活面接対策の本やマニュアルがあふれ、マニュアルをひたすら勉強して臨む学生が多くなりました。すると今度は企業の方がマニュアル化した学生を避けるため、意表をついた質問を行ってその人自身の言葉や実力を見る傾向もでてきました。しかし長年見ていく中で形は変わっても、本当に重要な部分は変わっていません

就活面接対策の大切な部分は変わらない

就活面接対策の本当に重要な部分は変わらない、と述べましたが、それは何かといったら、面接をする人は人間であり、人間の心というのは今も昔も本質的には変わらない、ということです。

それでは昔も今も企業はどんな人を求めているのでしょうか?

1、この人は会社の中でどれだけ能力を発揮してくれるだろうか

2、この人は社内や外部の人間とうまくやっていけるだろうか

3、この人はうちの会社を好きなのだろうか

就活面接対策3つのポイント

以上3つのことを、就活面接対策としてあげたわけですが、、特に3番目の、「この人はうちの会社を好きだろうか?」というのは、人事担当者も無意識のうちに選んでいるのです。それはまさに人間の心理といえます。

例えば恋愛に例えると、「私はこんなに能力を持っているんですよ」という人と、「私はあなたのことが好きです」という人だったら、どちらを好きになるでしょう?「あなたが好き」というのはとてもインパクトが強く、感情に訴えるのです。だからと言って、就活面接対策として、「あなたの会社が好きです」というわけではありません。受ける企業に興味を持って良く調べることです。そしてその企業の魅力は何なのか自分なりにしっかりとまとめることです。「他の企業に比べて御社の考え方に感動しました」など、「この人は本当にうちの事を好いてくれているんだな、良く調べて興味を持ってくれているんだな」という心が通じると大変合格率が高くなります。 そのように、上記にかかげた3つのことを具体的にクリアーしていくにはどうすれば良いか、という視点で考えれば良いわけです。

内容以上に大切なイメージ

就活面接でよく聞かれる質問○○・・など質問集などありますね。それを勿論勉強しておくことは必要です。でも勉強すればそれで合格できるかというと、そうはいきません。

コミュニケーションの「伝達効率」という、どういった要素が相手に伝わるのか、という統計によると、話の内容はわずか7%しかつたわりません。それ以外の「話し方」や「その人から感じ取られる雰囲気」といった要素が90%以上を占める、という統計結果が出ています。

つまりいくらマニュアル本を勉強して質問の答えを正しく言ったとしても、どのような言い方をするのか?・・という方が重要になってしまう、ということです。

私どもの就活面接対策のレッスンに来られる方で、よくあるのが「完全暗記スタイル」の方です。どんなに内容が素晴らしいことを言っても「自分の言葉」になっていないわけです。

それをいかにハキハキと好印象で、かつ自分の言葉で言えるか、が大切になってきます。内容以上に「どのように話すのか」がその人の能力とみなされる場合が多くあります。

ある60代の男性でケアマネジャーを目指されて、でもことごとく面接で不合格になってしまわれていた方がいらっしゃいました。その方が当スクールでわずか数回受講しただけで見事に就職できたのです。その男性が言われたのは「生まれてはじめて歯を見せて笑うことができた」というのです。つまり笑顔がどれだけ大きな武器になるのか、ということです。「笑顔」というと誰でも簡単にできそうに思えますが、そうはいきません。ちゃんと口角を上げる筋肉がない方が多いのです。その場合「もっと笑顔で!」と、どんなに言っても笑顔にはなれません。本人は笑顔のつもりでも他人からみると「ニヤリ」としか見えないのです。

そして意外と見落としがちなのが「目」です。人は「目」を見て人格を判断します。「やる気のなさそうな目」「キョロキョロ落ち着かない目」「相手から視線をそらす自信のなさそうな目」は、どんなに他が良くても「ダメ」判断をされてしまします。

このように面接のときは「目」「口元」「話し方」を良いものにしましょう

はじめの4秒で勝負が決まる

就活面接対策以外にもよく、大学受験や高校受験の面接対策として、来られる方も多くいます。このごろの傾向として、中学受験のための面接対策で来られる方が増えてまいりました。しかも小学3年生ころからくるお子さんも多く、世の中の流れを感じます。その中には「明日面接なんです!」と駆け込んでくる方もいらっしゃいます。そういう時には最初の4秒をしっかりとできるようにレッスンします。人間の印象は最初の4秒でほぼ決まってしまいます。そこでダメージを与えると、あとがどんなに良くてもダメなイメージを持たれてしまう。でも最初の4秒をきちんと決めると、その後ちょっと失敗しても良いイメージのまま残ることが多いのです。

今まではどんなに面接テクニックを学んでも、面接の場になると上手く使えなかったけれども、ここの面接対策コースを受けたらすぐに上手くいくようになったんです!このようなお声を生徒様からいただきました。

面接対策に必要な力が身につく

あなたも、面接に必要な力が本当は何なのかこのコースで学んでみませんか?

あなたは今まで面接で自分の力を発揮できなかった経験や思っていた反応を得られなかった、ということはありませんか?このコースを受講すれば、何故そうだったのかという理由と解決方法が分かるはずです。

さらにこのコースで学ぶ、コミュニケーション能力というのは面接だけではなく、その後の社会の中、全てで大きな影響のある最も重要な力ですので、あなたの人生そのものを明るく輝かしいものに変えることになります。

3235
  • 話をして、受ける印象がすごく良くなったと言われました。
  • 面接で話すのが苦手だったのに、とてもしっかりとした話し方が出来る人と言われました。
  • 笑顔が明るい人と言われ、すぐに採用されました。
  • ハッキリ話すことが出来るんだと自信がつきました。

などの声を頂いています。

本当に見られている部分を大切に

表面上の受け答えの文章ばかり気にして、本当に見られている部分をおろそかにしてしまうという経験が私にもあります。そして、面接対策として教えるものがテクニックだけ、という所も大変多くとても残念に思っています。

面接の時に必要なのはテクニックではなく、基礎力です。そこで、話し方東京教室では、なるべく短期間でその基礎力をつけるためのコースを開設しました。このコースは、どうしても面接でいい評価を得られないというあなたのために作られました。

いい姿勢、表情というのは練習をしないと作れません。重要な第一印象の見た目に大きく関わる部分なのにトレーニングをせずに挑んでしまう方が多いのです。緊張せずにしっかりとした大きな声を出すというのもその方法、出すための力を身につけないと発揮できないのです。

shukatsu002

このコースでは、そのために必要な呼吸、滑舌、声の通し方を学んでいきます。さらにそれを身につけ、実際の面接の場で使えるように実践的なトレーニングを行っていきます。

コミュニケーション能力のある人間、話し方が上手な人になるために何が必要なのか、それを理解できその力をあなたは手にすることが出来ます。

就活面接対策に適した個人レッスン

就活面接対策は個人レッスンが効果的です。

体験レッスン・・・今なら無料キャンペーン(小金井教室)

 

いかがでしょうか?あなたはこの面接対策コースで

  • 面接で印象のいい見た目になれる
  • 緊張しても通りの良い、落ち着いた印象を与えられる話し方
  • 一緒に仕事をしたいと思われるコミュニケーション能力
  • 短期間で一生役に立つ能力

これだけのものが手に入ります。

コミュニケーション能力はその後の社会生活でも一番必要となる能力です。それがこのコースで手に入るのです。それが全12回のコースです。面接までの限られた期間の中で本当に大切な力を手にするには今しかありません。面接では小手先のテクニックだけでは採用されません。自分本来の力を発揮する必要があります。

このコースで、その力、自分が何故今まで発揮できなかったのか本来の力を出せると、こんなにも変われるし、上手くいくんだ。ということを体感しませんか?コミュニケーション能力という、あなたの人生そのものを変える大きな力を手に入れましょう。

東京 小金井 吉祥寺 新宿の話し方教室 堀口メソッドボイススクール

お問い合わせ・お申し込み

0422-54-8056
【受付時間】10:00~20:00

お問い合わせフォームはこちら。