人をイライラさせる話し方から変わるには_ボイストレーニングで評価を変える

上司やお客様をイライラさせる話し方を変えたいということで来られた方が当校のレッスンでどう変わっていけたのかを今回お話していきます。

内容よりも印象が大切

人をイライラさせてしまうという事がお悩みの方で多いのは、自分の言葉選びが問題で相手をイライラさせてしまっているんだという思い込みが強い方です。

 

当然、言葉選びも上手なことに越したことは無いのですが言葉選びにばかり気が行ってしまうと慎重になりすぎてどんどんと上手く話せなくなってしまうという悪いループに陥ってしまいます。

 

それよりもいい印象で話す力を身に付けることが重要です。

 

例えば、仕事の確認で”大丈夫です”という言葉を言うにしても、控えめで弱く暗い印象で言う”大丈夫です”と、しっかりとして頼もしい印象で言う”大丈夫です”で、相手が受ける安心感は全く違います。

相手をイライラさせてしまうという事がお悩みの方は前者のように控えめにしすぎたり暗い印象で話すクセがついてしまっている方が多いです。

 

しかし、しっかりと頼もしく言えるように自信を持ってくださいというのは難しいですし、強い気持ちを持ち続けることなんて私でも無理です。

 

変わっていくには、しっかりとしているように聞こえる声の出し方や自信があるように聞こえる話し方を練習するのが確実です。

しっかりとした声の出し方

しっかりとしているように聞こえる声というのはどのような声でしょう。

 

存在感のあるピシッとしたような声をイメージしたと思います。

そういった声を出すためには息がしっかりと前に出ている声を出すことが大切です。

逆に言うと弱々しく聞こえる声は、語尾が消え入るように出ていたり、息を引っ込めるような声の出し方で、こういった出し方です。

 

こういった出し方で印象が変わる事を練習で確認していっていただくことが大切です。

 

ただただ、前に声を出そうとしても怒鳴るような声の出し方ですと相手に悪印象を与えてしまうので、当校では丁寧に存在感のあるいい印象で通る声の出し方を指導し、出せることを確認していただいています。

 

姿勢や力の入れ方、抜き方という、その方が今までつけてしまっていたクセで声の印象は変わりますので、それらを見て意識して出していただくと楽に自分の声が存在感のあるいい印象の声に変わっていけるんだ!と感じていただいています。

 

まずこうやって変われる事、変わっていける事を実感していただく事がとても大切です。

自信のある話し方

声の出し方だけでも自信があるように聞こえるのですが、さらにそれを実際に話す時に出せるようにする練習も大切です。

折角練習でいい声が出せたとしても、練習の時出せるだけでは実際の場面でその声で話せないからです。

実際の場面で話せるように活きた自分の実力に変えていく練習が必要です。

 

自信がある、しっかり出来ることを伝えようとした時、陥りやすいのがたくさんの事を話さなければいけないという思い込みです。

たくさんのことを話そうとすると早口で言う事になり、慌てているように見えたり、声もぼそぼそとなりやすいので、何か言い訳をしているような自信の無さを相手に伝えることになりがちです。

下手したらたくさんの事を間違えない言葉で伝えるという思い込みに縛られて喋ることが出来ないということにもなってしまいます。

 

そのため当校では、しっかりと声を出せることを意識して間を取って話をしていただく練習をしています。

自分で意識的に取る間は、相手も待ちやすく話を理解する間になりますし、当然自分も休みが取れるので話しやすくなります。こういった話し方を比較して聞いていただくと、気持ちは変えた気は無くても落ち着いていたり自信があるように聞こえるというのを感じていただけます。

 

自分にとって話しやすいペースや伝えやすい間の取り方を意識して練習していくことで話し方の面でも、相手への説得力が変わります。

さらに相手に納得してもらえる話し方は、自分でも自信を持ちやすい内容になるので、後から自分は話せるんだ、良い印象で伝えられるんだという自信にも変えていけます。

 

このように声の出し方と話し方の両面を練習していくことで、自分の望む方向の印象へ近づいていけるのです。

 

 

 

当校では無料体験レッスンでも変われる実感が得られるよう本レッスンを同じ個人レッスンで行っています。

お電話や問い合わせフォームから予約できますので、ぜひ気軽にご応募ください。

問い合わせフォームはこちら

TOPに戻る

東京の話し方教室 堀口メソッドボイススクール

著者 堀口 明保

昭和55年生まれ。玉川大学卒業。話し方教室講師および産業カウンセラー(社団法人日本カウンセラー協会認定)。コミュニケーションこそあらゆる業種の仕事にかかわらず、生活の根幹を占めるものと認識。さらに、その中で最も重要なものが話し方にあると考える。一般社団法人「日本コミュニケーション技能協会」代表。

2007年より堀口メソッドボイススクールで講師に従事し10代から80代まで、様々な年齢の方々の悩み(声が小さい、加齢とともに枯れるなど)に対応し、改善してきた実績を持つ。