聞き返されない話し方_口の動かし方と息の使い方が変わるトレーニング

口を動かす力が大切

はっきりとした声で話すには口の動きが重要です。

 

口の動きが小さいともごもごとした聞き取りにくい声になってしまいますし、意識して鍛えていないと口の筋肉はサボってどんどん小さくなります。加齢と共に聞き返されるようになったという方は特にこの筋肉の力が落ちていることが多いです。

 

聞き返されない話し方を身につけようと思うと、滑舌練習のイメージでよく早口言葉の練習をしてしまう方もいるのですが、早く口を動かすことよりしっかり大きく口を動かす練習が大切です。

 

筋トレをするように大きく動かせるようにしっかりと形を確認しながら練習をしていくことで誰でも力がついて、大きく滑らかに動かせるように力がついていきます。

 

そうすると意識せず普段話すときも動かせる幅が大きくなってハキハキとした聞き取りやすい声で話せるようになっていきます。

 

当校ではこの練習を一人一人動かし方のクセをみて、より適切に力をつけられるようにトレーニングしています。その方その方で力が足りない所や長年の変なクセがついている所が違うのでその方を見て、その方の求める印象に近づけるためのトレーニングをしていくことが大切だからです。

 

逆に言うと動かし方を練習していけば誰でも聞き取られやすい声を身につけていけます。ハキハキとした声というのは生まれついてのものではなく練習で身につくものです。

自然に大きな声を出せるようにする

よく聞き返されてしまう声の人にはもう一つ要因があります。それは声の小ささです。

 

しかし、無理に大きい声を出し続けようというのは負担がかかりますし、無理して出すと怒鳴るような印象のよくない大きな声になってしまいます。

なので、当校では自然に楽な形で声を大きく出せるようになるトレーニングを行っています。

 

声というのは息を使って出していますので、まずこの息の量をたくさん使える腹式呼吸を練習します。

さらにその息をきちんと声に変えられるよう響きのある声の出し方の練習をしていきます。

 

この練習で一番のポイントは響きというのはどうしたら出せるのか体感していただくことです。楽器をイメージしていただくと分かりやすいのですが、体に力が入って固い状態だと振動しにくく柔らかい脱力した状態で息がしっかり送られると振動する、音が響く状態になります。自分の体が音の響くパイプのようになっていると声の響く理想的な状態になります。

 

声の大きさもその人特有のもので変えられないと思っている方が多いのですが、声が通りにくいクセをつけてしまっているだけで、皆さん練習でいくらでも改善していけるものです。

 

当然、体の大きさなどで出せる大きさには差がありますが、ちゃんと聞き取られる大きさの声を出す力は皆さん持っています。赤ちゃんなどあんなに体が小さいのにものすごく大きな声で泣いたり笑ったり出来るのです。響かせる声の出し方が身につけば誰でも負担をかけずに届く声を身につけていけます。

 

当校ではこの練習もその方のクセ、特徴を見ながらレッスンしています。

今まで1000人以上の方にレッスンをしてきた実績がありますので皆さん改善され届く声を出せる力を実感していただけると感じています。

 

このように当校ではその方の特徴を見て、力のつくレッスンを行っています。

 

それが感じられる無料体験レッスンもマンツーマンで行っているので、是非問い合わせフォームからご予約ください。

 

現在、感染対策のため対面形式でのレッスンは小金井教室のみとなっていますがZOOMを使ったオンラインレッスンも行っていますのでご希望の形式も添えてご連絡いただけるとスムーズにご予約できます。

 

東京の話し方教室 堀口メソッドボイススクール

著者 堀口 明保 >>詳細はこちら